アファメーションとはいろんなことに感謝しながら明るい毎日を送る方法なんです

アファメーションとは

アファメーションとは、例えば「私は〇〇〇である」「私は〇〇〇できる」というような「自己暗示」のひとつだと考えられていますが、実は、アファメーションは、英語(affirmation)では「断言」「肯定」「確約」という意味なんです。

つまり…
アファメーションとは

  • 「私は〇〇〇である」という「断言」と「確約」を
  • 「自分自身に対して」
  • 「自分自身が」行う

ことであり、決して自己暗示ではありません。

このことは非常に大切です。

アファメーションは引き寄せの法則と合わせて考えるとわかりやすい

引き寄せの法則とは、「思考は現実化する」、つまり、自分が考えていることが実際に現実になるということです。

つまり、「今、起きている現実は、自分の思考によって、自分が引き寄せたものである」ということです。

もっと言うと、引き寄せの法則とは「思考によって現実を引き寄せることができる」ということなんです。

そして、その思考を言語化することがアファメーションなんです

あなたの信念が思考となり、
思考があなたの言葉となる。
あなたの言葉が行動となり、
行動が習慣となる。
あなたの習慣があなたの価値となり、
あなたの価値があなたの運命となる。

つまり、運命を変えるには…
  1. 信念
  2. 思考
  3. 言葉
  4. 行動
  5. 習慣
  6. 価値
  7. 運命

という順番に進んでいきます。

上記では、アファメーションは、「言葉」を中心とした、思考から行動のあたりに該当すると考えていいでしょう。

そして、信念は、これらの前提となる部分だと言えますね。

アファメーションの効果を高めるには…

アファメーションは「私は〇〇〇である」という「断言型」にする

注意
アファメーションは願望(私は〇〇〇になりたい)ではありません。

願望(私は〇〇〇になりたい)では、ただ単に「願う(願っている)」という状態を引き寄せてしまいます。

「〇〇〇を願っている状態」になりますので、もちろん、これはこれでアファメーションとしては成功かもしれません。

当然ながら、本当は願望の状態を引き寄せたいわけではないはずです。

アファメーションは「本当に引き寄せたいもの」にするほうが効果が高まります。

アファメーションは「肯定的な」断言型にする

「私は〇〇〇しない」という内容では、ただ単に「〇〇〇しない」という状態を引き寄せることはできるでしょう。

もちろん、これでもいいのでしょうが、少し弱いですよね。

「私は〇〇〇しない」というのは、無駄な行動をやめるということにおいてはタイムマネージメントや生産性向上などの効果があります。

しかし、「私は〇〇〇しない」というのは、アファメーションにおいては、自分自身の潜在意識の中に苦痛が生まれる可能性もありますので、あまり良くありません。

本当に重要なことは「〇〇〇しない」の先にあるものだと思います。

「〇〇〇しないの先にあるもの」をアファメーションするほうが効果が高まります。

アファメーションは明るい未来を引き寄せる内容にする

例えば、アファメーションは「〇〇〇すれば〇〇〇できる」という仮定型にしないようにしましょう。

「〇〇〇すれば〇〇〇できる」というのは法則のようなところがありますが、「〇〇〇すれば〇〇〇できる」というのは「〇〇〇しなければ〇〇〇できない」という否定的な内容になってしまいます。

これは上記と同じで、自分自身の潜在意識の中に強迫観念のような苦痛が生まれる可能性があり、アファメーションが逆効果になる可能性がありますので、あまり良くありません。

また、「絶対に」という言葉を使わないようにすることも大切です。

「絶対に〇〇〇になる」「絶対に〇〇〇する」というのは強い意志の表れとしては有効ですが、これも潜在意識では強制的に感じてしまいますので、正しいアファメーションとは言えないかもしれません。

アファメーションは、明るい未来を引き寄せる内容にするほうが効果が高まります。

他者の成功や幸せを考える

アファメーションとは直接的に関係がないかもしれませんが、成功や幸せは、自分1人の上にあるものではなく、他者との関係の上にこそ成り立つものであると言えます。

自分1人で生まれてきたわけでもなく、自分1人で生きているわけではありません。

これは、アファメーションの前提となる信念の部分であるとも言えるでしょう。

今の自分、これからの自分の成功と幸せは、他者との関係の上にこそ成り立つものであるということをしっかり意識しておくことによって、アファメーションの効果がさらに高まります。

アファメーションとはいろんなことに感謝しながら明るい毎日を送る方法なんです

人は1日に平均6~7万回も思考すると言われています

しかも、そのうちの80%はネガティブなことを思考するとも言われています。

思考は現実化しますので、このような状態では、現実にネガティブなことばかりを引き寄せてしまいます。

これが平均的な人の状態なんですよね。

だからこそ、アファメーションという方法が出てきたと考えることもできるでしょう

思考は、言語化によって現実化する
だから…

  • すべてを肯定的に考える
  • すべてに感謝する
  • そして、それを実際に言語化する

ことによって、人生は好転していきます。

朝と夜にアファメーションを行い、そして、毎日起きる出来事を肯定的に考え、感謝して、明るい毎日を送ることによって、自分の人生を好転させることができます

アファメーションは、そのひとつのきっかけや方法にすぎないかもしれません。

でも、まずは、アファメーションを始めてみること、そして、それを少しの間続けてみてください。

毎日起きる出来事を肯定的に考え、感謝して、明るい毎日を送ることができるようになれば、あなたの人生は少しずつ変わっていくはずです。