離婚前に公正証書を作成しておきたい大阪・神戸・京都・奈良の方へ

公正証書を作成しておけば、養育費などの支払が滞ったら給料などを差押えることができます

公正証書には、「強制執行認諾文言」といって、簡単にいうと「万が一、お金の支払いが滞った場合には強制執行をされてもかまいません」という文章を記載することができます。

たった数行の文章ですが、これによって、万が一、養育費などの支払が滞った場合には給料などを差押えることができるようになります。

これが公正証書を作成する最大の目的と言ってもいいでしょう。

公正証書を作成しておけば、養育費や慰謝料を支払う側は、給料を差し押さえられて会社にバレるくらいなら、ちゃんと支払ったほうがいいと考えますよね?

「強制執行認諾文言」があることによって…
お金を支払うほう(父親)としては

  • もし養育費や慰謝料の支払いを滞らせると給料を差し押さえられるかもしれない
  • そうなると、会社にバレてしまう
  • 会社にバレるくらいなら養育費や慰謝料をしっかり支払うほうがいい
  • もともと養育費や慰謝料を支払う約束をしたんだし、支払わないとアイツらが困るだろう

と考えると思われます。

お金の貸し借りもそうですが、世の中には、お金をがあるのに、いろいろ言い訳して、お金を支払わない人もいますよね…

だから、公正証書を作成しておけば、養育費や慰謝料の支払いをしなければ給料を差し押さえられるかもしれないので、ショウモナイ言い訳をしたり、バレバレの嘘をついたりして、養育費や慰謝料の支払いをしないということを防ぐことができるようになります。

つまり、公正証書には、給料などを差し押さえることができることにあわせて、養育費や慰謝料の支払いが滞りにくくなるという心理的効果があるのです。

この心理的効果はけっこう大きいですよね。

月数万円のお金の支払いを滞らせて給料を差し押さえられるのは嫌ですから…

公正証書はあなたと子供を守る「お守り」になります

公正証書を作成しても、離婚後、養育費などの支払が滞らなければ、公正証書の出番はありません。

どこかの引き出しの奥のほうに封筒に入ったままの状態になっていることでしょう。

あなたも公正証書の存在すら忘れてしまっているかもしれません。

でも、それが1番良いのです。

養育費や慰謝料などの支払期間が終わるまでの間、あなたとお子さんを影で守ってくれている存在であり、いざという時に役に立つ。

公正証書とはそういうものです。

つまり、公正証書を作成することによって、支払いが滞りにくくなるという心理的効果と、万が一、支払が滞ったら給料などを差し押さえることができるという法的効力を手に入れることができます

そして、あなたの心配や不安を和らげてくれます。

だから、離婚する場合には公正証書を作るべきなんです。

自分たち(ご夫婦)で公証役場に出向いて離婚の公正証書を作成するのか、専門の行政書士に依頼するのか

まず、最初に、実は当事務所(行政書士)の費用は決して高くはありません

当事務所(行政書士)の場合、離婚の公正証書作成の代行費用は5万4000円(郵送料・消費税込み)で決して高額ではありません。

公証役場の手数料が約3万円前後(公証役場の手数料は公正証書の記載内容によって異なります)として考えると合計8万5000円前後で、公正証書を作成することができます。

この金額が高いか、高くないかは、人それぞれの印象や感覚によって異なると思いますが、私はこの金額は決して高くはないと考えています。

その理由は簡単です。

仮に月3万円の養育費を10年間支払ってもらうとして、養育費の総額は360万円になりますが、公正証書作成費用約8万5000円は、(養育費全額を支払ってもらったとしての計算ではありますが…)養育費総額360万円のたった2%(当事務所の代行費用だけで考えると1.5%)に過ぎません。

1か月の養育費3万円から考えると、2%というのはたった600円(当事務所の代行費用だけで考えると450円)に過ぎません。

そして、養育費の約3か月分に過ぎません。

自分たち(ご夫婦)で公正証書を作成するのと、専門の行政書士に依頼するのとでは、どちらのほうが法的完成度が高いでしょうか?

そんなの当たり前でしょ?と言われるかもしれませんね…

そして、ご本人(ご夫婦)と専門の行政書士を比べるか…?とも言われてしまいそうですね…

しかも、実は、行政書士だからといって誰でもいいわけでもありません。

でも、依頼したら費用がかかるでしょ?とも言われてしまいそうですね…

でも、実は、上記のケース(養育費月3万円、支払期間10年間)で考えても、行政書士の費用はたった1.5%にすぎませんし、養育費2か月分にすぎませんので、決して高額というわけではありません。

そして、自分たち(ご夫婦)で公正証書を作成するのと、専門の行政書士に依頼するのとでは、どちらが心理的に滞りにくいでしょうか?

専門の行政書士が関与して公正証書を作成したことよって、ご主人は、「もし養育費や慰謝料の支払いを滞らせると、アイツはこの行政書士に相談して給料とか差押えてくるんやろな…」と考えると思います。

つまり、行政書士に依頼して公正証書を作成することによって、ご主人のあなたに対する「甘え」みたいなものが少なくなって、養育費や慰謝料の支払いが滞りにくくなると考えていいでしょう。

行政書士に依頼すると、ご夫婦で公証役場に出向く必要は一切ありません

行政書士に依頼すると、あなたが公証人の先生との公正証書の内容の打ち合わせをする必要もありませんし、ご夫婦で公証役場に出向く必要は一切ありませんので、ご夫婦で仕事を休む日を調整したりする必要はありません。

つまり、専門の行政書士に依頼して公正証書を作成するほうが、手間や時間もかからず、法的完成度も高くなり、心理的にも支払いが滞りにくくなります。

しかも、実は費用もそれほど高くはありません。

以下、事務所概要です

事務所名称 行政書士事務所 ビジョン&パートナーズ
所在地 大阪府大阪市中央区備後町1丁目4番16号 備一ビル501号室
(地下鉄御堂筋線 本町駅から徒歩10分、中央線 堺筋本町駅から徒歩5分 大阪東郵便局の西向かいです)
連絡先

注文方法
メール:info@kaiketsunavi.net
TEL:06-6226-7725
携帯電話:090-1485-7787(お電話でのご相談・ご依頼はこちらへお願いいたします。そのほうが早いです。)
FAX:06-6226-7726
代表者 高瀬満成(大阪府行政書士会所属)
業務内容 男女問題(公正証書・内容証明郵便・示談書)
消費者問題(クーリングオフ・中途解約)

で、この行政書士、信用できるの?

そもそも、この人、本当に行政書士なの?

実は、行政書士は、各都道府県に行政書士会と、それを統括する日本行政書士会連合会というのがあるのですが、そこに登録しなければ行政書士の仕事ができない仕組みになっています。(実は、登録料も月会費もかかります)

だから、行政書士は、全員、各都道府県に行政書士会に入会して、日本行政書士会連合会に登録されています。

日本行政書士会連合会のホームページで、「高瀬 満成」と入力して検索してみてください。

登録料も月会費も支払っているはずですので、必ず登録されているはずです。

この人、何年くらい行政書士やってるの?

日本行政書士会連合会のホームページにも登録年月日が登録されていると思いますが、私は約16年ほど行政書士をしています。

インターネットで離婚の公正証書作成代行の依頼をしても大丈夫なの?他に依頼している人もいるのかな…?

私は、約16年ほど前から、インターネットで、全国から離婚の公正証書作成代行のご依頼をお受けさせていただいております。

また、大阪・神戸・京都・奈良などお近くの方の場合には、電話またはメールでご予約のうえ、事務所においでいただくことも可能ですのでご安心ください。

でも、離婚の公正証書作成の代行費用が高ければあんまり意味がないんじゃないかと思うんですけど?

当事務所(行政書士)の離婚の公正証書作成の代行費用は5万4000円(郵送料・消費税込み)で、これ以外にはかかりません。

しかも、当事務所の代行費用は、完成した公正証書をお受け取りになる際の代引きになっていますので安心です。

なお、公証役場の手数料は、当事務所で立て替えることができませんので、公正証書作成前にお預かりさせていただきます。

離婚の公正証書作成代行の依頼をするのに余計に手間と時間がかかれば意味ないんじゃない?

上記の通り、行政書士に依頼すると、あなたは、公正証書の元になる文章を作成する必要もありませんし、公証人の先生と公正証書の内容の打ち合わせをする必要もありません。

そして、ご夫婦で公証役場に出向く必要も一切ありません。

これらはすべて行政書士があなたに代わって行いますので、公正証書作成にかかるあなたの手間や時間はほとんどありません。

それでも、まだ不安…という方や、離婚の公正証書の作成代行を依頼するかどうかを迷っている方は、ぜひお問い合わせください

お問い合わせはもちろん無料です

でも、「離婚の公正証書の案文の書き方を教えてください」というのはご遠慮ください(笑)

あくまでも、私、行政書士の高瀬満成に離婚の公正証書の作成代行を依頼するかどうかを迷っている、本当にこの人で大丈夫なの?とお考えの方はぜひお問い合わせください。

この長いページの最後まで来てくださった方、本当にありがとうございます

実は、私も約10年前に離婚しています。

大変でした。

離婚前の数か月の間に2回も事故に遭ってしまいました(詳しく書くと、めちゃくちゃ長くなりますので書きませんが…。実は、書こうとしたけど本当に長くなりそうでしたのでやめました。)。

離婚の前後は、子供のこと、夫婦のこと、お互いの両親との話し合いなど、考えなければならないことや、しなければならないことがたくさんあります。

すべてのことを自分で抱え込まず、優先順位をつけながら進めていくことが大切だと思います。

「離婚の養育費が心配、できるだけ不安をなくしたい…」とお考えの場合には、ご縁がありましたらお問い合わせください。