集客ができて売上が上がるホームページの作り方を知りたいあなたへ

これくらいのデザインで、月間10万PV超のアクセスを集めるホームページは誰でも簡単に作ることができます

「おいおい、コイツ、本当に月間10万PVなのか~?」と思っているあなたのために、論より証拠というわけで、2016年8月の1か月のGoogleanalyticsの画像をお見せしておきましょう。

Googleanalytics

月間PV(ページビュー)は11万1000を超えています

しかも、微妙ですが、PVは右肩上がりに増えています。

このPVは、1人の行政書士が、下記のホームページの作り方に従い、すべて自分1人でホームページを作って、もちろん広告は一切使わず、すべて無料で検索エンジン経由で集めたPVです。

しかも、当然ながら、広告費はゼロ、ホームページ作成費用もほぼゼロです。

そして、何よりも、まったく売り込みをしなくても、お客さんのほうから問い合わせがあり、依頼になるという仕組みですので、仕事をもらうためにヘコヘコする必要はありません。

もしあなたのホームページが月間10万PVになったらいくら稼げるのか想像してみてください

  • 現在、あなたのホームページのPVはどれくらいでしょうか?
  • ホームページ経由の問い合わせは月に何件くらいでしょうか?
  • もしあなたのホームページが月間10万PVになれば問い合わせは何件になるでしょうか?
もっと具体的に考えてみましょう…
  • もしあなたが弁護士の先生であれば、1件あたりの着手金と成功報酬の合計はいくらになりますか?
  • もしあなたが税理士の先生であれば、顧問契約1件あたりの顧問契約期間の総報酬(年間顧問料○○万円×○年)はいくらになりますか?
  • もしあなたが司法書士の先生であれば、1件あたりの報酬はいくらになりますか?
  • もしあなたがカウンセラーやコンサルタントであれば、顧問契約1件あたりの顧問契約期間の総報酬(年間顧問料○○万円×○年)はいくらになりますか?
  • もしあなたが社会保険労務士であれば、1件あたりの報酬はいくらになりますか?
  • もしあなたが行政書士であれば、1件当たりの報酬はいくらになりますか?

しかも集客コストがほとんどかからないとすればいくらの利益になりますか?

第1章 キーワードを征する者はホームページの作り方を征する

ホームページの作り方で1番大切なことはキーワードの選び方です

お客さんがあなたに出会うために、お客さんが1番最初にする行動は、Yahoo!やGoogleにキーワードを入力することです。

あなたもそうですよね?

このホームページにたどり着いたのは、まず最初にYahoo!やGoogleに、おそらく「ホームページ 作り方」とキーワードを入力したからです。

(または、このホームページのどこかのページからたどり着いたか(実はこれもかなり重要です)のどちらかがほとんどだと思います。)

つまり、キーワードとはお客さんとあなたを結ぶ魔法の言葉なんです。

しかも、そのお客さんは、かなり濃い見込み客である可能性が高いのです。

私がホームページを作る際にどうやってキーワードを選んでいるのか

「ホームページ」というキーワードを例にして、ホームページの作り方を征するキーワードの選び方をご紹介させていただきますので、よろしければご参考になさってみてください。

まず、Yahoo!やGoogleの検索窓に「ホームページ」と入力してキーワードの候補を探していきます

自分でホームページを作ったり更新したりしている人からすると、「そんなの当たり前やろ~」ということかもしれませんが、そんなの当たり前やろ~ということが1番大切な基本なわけです。

ホームページの作り方の中でそれくらい大切なことがキーワードの選び方なんです。

Yahoo!やGoogleの検索窓に「ホームページ」と入力してみると…
  • ホームページ 無料
  • ホームページ 作成
  • ホームページ テンプレート
  • ホームページ 作り方

  ・
  ・
  ・
と候補となりそうなキーワードが出てきます。

まぁ、もっと深い話をすればキリがありませんのでこれで十分です。

重要なことは「基本をシンプルに繰り返す」ことです。

そして、Googleキーワードプランナーで検索回数を調べてみる

実は、Googleキーワードプランナーは、そもそもGoogle AdWordsで広告を出している会社向けのツールですので、広告を出していない場合には…

  • 100~1,000回
  • 1,000~1万回
  • 1万~10万回

というくらいの大まかな検索回数しかわかりません。

100~1,000回であれば、まだ誤差は少ないかもしれませんが、それでも、100回に近いのか、1000回に近いのかによって判断が大きく異なります。

1,000~1万回のほうは論外というか、1000回に近いのか、1万回に近いのかによって非常に大きな差が出てしまいますので、極論すればまったくと言っていいほど判断材料になりません。

1万~10万回の場合も同じで、さらに大きな差が出てしまって判断材料になりません。

Google AdWordsで広告を出していない場合には、参考程度で考えるしかありません。

実は、aramakijake.jpという検索回数調査ツールが無料で使えるんです

もちろん、Google AdWordsで広告を出している場合には、Googleキーワードプランナーはめちゃくちゃ良いんですが、広告を出していない方の場合には、aramakijake.jpのほうが良いと思います。

もちろん、どこまで正確な検索回数なのかはわかりませんが、私が使ってみたケースでは、だいたいGoogleキーワードプランナーの検索回数の範囲内に入っていることが多いかな…という印象です。

そして、キーワードの候補について、それぞれ検索回数を調べていきます。

ホームページ 無料 …回
ホームページ 作成 …回
ホームページ テンプレート …回
ホームページ 作り方 …回

次に、それぞれのキーワードを実際にYahoo!やGoogleで検索してみる

その目的は…

  • 検索結果の約xxx,xxx,xxx件
  • 1ページ目に掲載されている各ページの強さ(つまり、競合調査)

を見るためです。

もちろん、有料ツールなどで調べればより有用な分析ができるのでしょうが、私は、1ページ目に掲載されている各ページを実際に自分の目で見てみるのが良いと思います。

だって、実際にこれらのページよりも良いページを作らなければいけませんので、やはり実際に自分の目で見てみることは欠かせませんよね?

そして、どのキーワードでページを作るかを最終的に決めます

つまり…

  1. まず、キーワードの候補を上げる
  2. それぞれのキーワードの検索回数を把握する
  3. Yahoo!やGoogleで検索して競合調査をする

を経て、最終的にどのキーワードでページを作るかを決めます。

実は、キーワードについて、もっといろいろ深いマニアック的なこともあるんですが、基本中の基本を押さえておくことは非常に重要ですので、まずはこれくらいでいいでしょう。

まぁ、まだ第1章ですが、ここまででも、あなたはすでにホームページの作り方の半分以上を征してしまったといっても過言ではありません(笑)

第2章 ページのタイトルを征する者はSEO対策とクリック率を征する

ページのタイトルは、キーワードを含んだクリックされやすいタイトルにする

やっと、ここから実際にホームページの作り方になりますね…

このページを見て、もしあなたが普通のことしか書いてないじゃないかと思っているとしたら、それは私に対する最大の称賛であると思う。

以上、「【保存版】このホームページの作り方であなたも月間10万PV達成できます」でした。