大阪の社会保険(雇用保険・厚生年金など)の手続きは当事務所(社会保険労務士・行政書士)にお任せください

労災保険・雇用保険・厚生年金・健康保険の加入義務のまとめ(会社編)

労災保険の加入義務

労災保険は、正社員、パートなどにかかわらず、従業員を1人でも雇用する場合には必ず加入する必要があります。

雇用保険の加入義務

代表取締役
代表社員
加入できません
会社役員 原則として加入できません
正社員
契約社員
加入する必要があります
パート
アルバイト
パートやアルバイトの場合でも…
  1. 31日以上の雇用見込みがある
  2. 1週間の所定労働時間が20時間以上である
  3. 学生でない
場合には雇用保険に加入する必要があります。

会社役員の雇用保険

会社の役員(取締役・業務執行社員)は、原則として雇用保険に加入することができません。

ただし、会社の役員(取締役・業務執行社員)の場合でも、同時に、部長、支店長、工場長などの従業員としての身分(兼務役員)があり、労働者的な性格が強いと認められる場合(役員報酬と賃金の割合や就業規則の適用の有無などによって総合的に判断される)は、雇用保険に加入することができます。

なお、監査役についても、原則として雇用保険に加入できませんが、名目的に監査役に就任しているに過ぎず、明確な雇用関係が認められる場合は雇用保険に加入することもできます。

社会保険(厚生年金・健康保険)の加入義務

代表取締役
代表社員
加入する必要があります。
会社役員 加入する必要があります。
正社員
契約社員
に加入する必要があります。
パート
アルバイト
パートやアルバイトの場合でも、1週間の所定労働時間及び1か月の所定労働日数が正社員の4分の3以上の場合には社会保険に加入する必要があります。

なお、所定労働時間などが正社員の4分の3未満の場合でも…

  1. 勤務期間が1年以上見込まれる
  2. 1週間の所定労働時間が20時間以上
  3. 月額の賃金が8万8000円以上
  4. 従業員501人以上の会社で働いている
  5. 学生以外
この5つの条件にすべて該当する場合は、社会保険に加入する必要があります。

社会保険の扶養の条件(130万円の壁と106万円の壁)

130万円の壁

例えば、夫が会社員の場合で、妻の年収が130万円以上になると社会保険の扶養から外れ、夫とは別に妻自身が国民年金や国民健康保険などの社会保険料を支払う必要があります。

これがいわゆる「130万円の壁」です。

106万円の壁

従業員501人以上の会社で働いている場合には…

  1. 勤務期間が1年以上見込まれる
  2. 1週間の所定労働時間が20時間以上
  3. 月額の賃金が8万8000円以上
  4. 従業員501人以上の会社で働いている
  5. 学生以外
に該当する場合には、社会保険に加入する必要がありますので、夫の扶養から外れてしまいます。

これがいわゆる「106万円の壁」です。

労災保険・雇用保険・厚生年金・健康保険の加入手続き

労災保険の加入手続き

労災保険は、会社の所在地を管轄する労働基準監督署で加入手続き(新規適用手続き)を行い、保険料を支払います。

  • 保険関係成立届(会社)
  • 概算保険料申告書(会社)
  • 添付書類

労災保険の加入手続きは、最初に新規適用手続きと保険料(労災保険と雇用保険)の支払いをして、その後、毎年、保険料(労災保険と雇用保険)の計算をして支払いを続けていくことになります。

雇用保険の加入手続き

雇用保険は、会社の所在地を管轄するハローワークで加入手続き(新規適用手続きと資格取得手続き)を行います。

  • 雇用保険適用事業所設置届(会社)
  • 雇用保険被保険者資格取得届(各個人)
  • 添付書類

雇用保険の加入手続きは、最初に会社として新規適用手続きをして、その後、各従業員の入社と退職にあわせて、資格取得手続き(入社時)と資格喪失手続き(退職時)を繰り返していくことになります。

なお、雇用保険の保険料は、毎月、各従業員の給料から控除しておき、会社は、会社負担分と労災保険の保険料をあわせて1年に1回納付します。

社会保険(厚生年金と健康保険)の加入手続き

社会保険(厚生年金と健康保険)は、会社の所在地を管轄する年金事務所で加入手続き(新規適用手続きと資格取得手続き)を行います。

  • 健康保険・厚生年金新規適用届(会社)
  • 健康保険・厚生年金被保険者資格取得届(各個人)
  • 健康保険被扶養者異動届(各個人)
  • 添付書類

社会保険(厚生年金と健康保険)の加入手続きは、最初に会社として新規適用手続きをして、その後、各従業員の入社と退職にあわせて、資格取得手続き(入社時)と資格喪失手続き(退職時)を繰り返していくことになります。

なお、社会保険の保険料は、毎月、各従業員の給料から控除しておき、会社は、会社負担分を合わせて毎月納付します。

人事総務をアウトソーシングしませんか?

高品質のサービスを業界最安値帯でご提供させていただきます

新規適用や資格取得の費用は、お客様のお話やご要望をお聴きさせていただき、個別にご提示させていただきますのでお気軽にお問い合わせください。

助成金申請もお任せください

労働保険や社会保険の手続きだけでなく、キャリアアップ助成金(正社員化など)の申請手続きも業界最安値帯でご提供させていただいております。

給与計算などもお任せください

給与計算や経理記帳などをご依頼をいただく場合には、社会保険の手続きや助成金申請の料金を割引させていただくことも可能です。

お問い合わせは無料です

当事務所では、夜間(10時くらいまで)、土曜日や日曜日もお問い合わせいただくことが可能ですのでお気軽にお問合せください。

以下、事務所概要です

事務所名称 行政書士事務所 ビジョン&パートナーズ
社会保険労務士事務所 ビジョン&パートナーズ
事務所名の由来 世に生を得るは事を成すにあり。
ビジョンとは挑戦であり、挑戦するためには信頼できる仲間が必要です。
私どもも、経営者の良きパートナーとして、挑戦し続けたい。
そう考えています。
所在地 大阪府大阪市中央区備後町1丁目4番16号
備一ビル501号室
(地下鉄御堂筋線 本町駅から徒歩10分、中央線 堺筋本町駅から徒歩5分 大阪東郵便局の西向かいです)
代表者 高瀬満成
・行政書士
・社会保険労務士
・訪問介護事業所の役員(ある会社に出資し役員に就任しています)
・キャリアコンサルタント
業務内容 ・社会保険の手続き
・労働保険の手続き
・助成金申請
・給与計算
・会計処理
・コンサルティング
・M&A(ご紹介、そして、ご縁がありましたら当事務所でも一部出資をさせていただきます)
・人材紹介(提携先の会社(顧問先)をご紹介させていただきます)
・その他
連絡先 メール:info@kaiketsunavi.net
TEL:06-6226-7725
携帯電話:090-1485-7787(お電話でのご相談・ご依頼はこちらへお願いいたします。そのほうが早いです。)
FAX:06-6226-7726