大阪・神戸・京都の資格外活動許可申請は専門の行政書士へ

留学生や家族滞在ビザを持っている外国人の方がアルバイトをするためには資格外活動許可が必要です

例えば、自動車の運転免許証のように、この免許を持っている人はこの自動車の運転ができるというふうに範囲が決められていますが、ビザ(在留資格)の場合にもこのビザはこの活動ができるというふうにそれぞれのビザによって活動範囲が決められています。

例えば「留学ビザ」は、日本語学校、専門学校、短大、大学、大学院などに通って勉強をするための在留資格ですので、原則としてこれに付随する活動に制限されています。

また、「家族滞在ビザ」は、就労ビザなどを持っている外国人の配偶者や子供のための在留資格ですので、原則としてこれに付随する活動に制限されています。

そして、そのビザ(在留資格)の範囲外の活動(例えばアルバイト)をするためには、資格外活動許可が必要になるということなんです。

つまり、資格外活動許可は、本体のビザ(在留資格)にアルバイトができるというオプションを付けるイメージと考えてもいいかもしれません。

注意
資格外活動許可を取得しないでアルバイトなどをすることは、不法就労として法律で禁止されていて、これに違反すると、不法就労として処罰され、退去強制されることもあります。
また、雇用主(会社)に対しても罰則がありますのでご注意くださいますようお願いいたします。

なお、短期滞在ビザの場合には、原則として資格外活動を取得することができません。

資格外活動(アルバイトなど)ができる時間にも制限があります

留学ビザがアルバイトできる時間は、原則として1週間28時間以内で、夏休みや冬休みなどの長期休暇中は1日8時間以内となっています。なお、日本語学校、専門学校、短大、大学、大学院のすべてに共通です。

家族滞在ビザや特定活動ビザの場合は1週間28時間以内となっています。

資格外活動許可の注意事項
  • 本体のビザ(在留資格)の活動を妨げるような資格外活動でないこと
  • 本体のビザ(在留資格)の活動を維持継続していること
  • 風俗関係や公序良俗に反する活動でないこと

資格外活動許可ができる時間を超えてアルバイトをしている場合には、ビザ(在留資格)の更新ができなくなったり、ビザを取り消されることがあります。

また、永住許可申請をする際にも影響がありますのでご注意くださいますようお願いいたします。

いずれにしても、ルールを守って生活することが非常に大切です。

留学ビザ・家族滞在ビザ・特定活動ビザの場合には、包括的に資格外活動許可を取得することができます
資格外活動許可の包括許可とは…
アルバイトの勤務先などが決まる前から申請することができます
アルバイトの勤務先が変わるたびに資格外活動許可を取得する必要はありません
なお、当然ながら、風俗関係や公序良俗に反するアルバイトはすることはできませんのでご注意くださいますようお願いいたします。

つまり、資格外活動許可の包括許可を取得すると、風俗関係や公序良俗に反するアルバイトを除き、週28時間(留学ビザの場合には夏休みなどは1日8時間)の範囲内でアルバイトをすることができるということです。

包括許可を取得できるのは留学ビザ・家族滞在ビザ・特定活動ビザだけです。それ以外の在留資格については個別的許可になります。

資格外活動許可が不要な場合もあります

資格外活動許可が不要な場合とは…
  • 臨時的な活動をする場合
    例えば、通訳として友人に付き添って謝礼を受け取る場合など
  • 本体のビザ(在留資格)で認められている範囲内の活動をする場合
    例えば、就労ビザ(技術・人文知識・国際業務)で貿易業務の仕事をしている方が、週末に通訳や翻訳をして収入を得る場合など
  • 永住者、永住者の配偶者等、日本人の配偶者等、定住者のビザを持っている方

永住者の配偶者等、日本人の配偶者等、定住者などのビザ(在留資格)は、身分や地位に基づく在留資格なので、在留活動の範囲に制限がありませんので、資格外活動許可を守って取得しないでパートやアルバイトなどをすることができます。

ただし、その身分や地位にふさわしい活動をすることが要請されており、風俗関係のアルバイトをしている場合には、偽装結婚を疑われたりして、在留資格更新において不許可となることがありますので注意が必要です。

資格外活動許可の期限
資格外活動許可の期限は本体のビザ(在留資格)の期限と同じです。

本体のビザ(在留資格)を更新する際に資格外活動許可を継続したい場合は、在留期間更新許可申請と資格外活動許可更新の両方を申請することになります。

在留資格の更新申請と資格外活動許可申請は、在留期限の3か月前からできますので、同時に申請することも可能です。