ベトナム人との国際結婚手続き、配偶者ビザの取得申請は専門の行政書士へ

ベトナム

ベトナム人の方が日本に短期滞在ビザで日本に来て結婚手続きをする場合

一般的な手続きの流れ

  1. 先に日本人がベトナムに行って本人との面会と両親に挨拶や観光をする
  2. ベトナム人が必要書類を取得して、短期滞在ビザで日本に来て、日本人の両親に挨拶や観光をする
  3. 日本の市役所(区役所)に婚姻届を提出する
  4. ベトナム大使館(領事館)に結婚の届出をする
  5. 入国管理局に結婚ビザ(配偶者ビザ)申請の手続きをする

もちろん、ベトナムに行ったり日本に来たりしないで結婚の手続きや結婚ビザ(配偶者ビザ)の申請をすることもできるのですが、入国管理局が考える真実の結婚とはどういうものなのかを考えるとお互いにほとんど会ったこともなく、両親などに挨拶もしていない場合には、結婚ビザ(配偶者ビザ)を取得できる可能性が下がると考えていいでしょう。

1.日本の市役所(区役所)に婚姻届を提出します

2018年4月以降、ベトナム大使館(領事館)では原則として短期滞在者には婚姻要件具備証明書を発行していません。

必要書類
  • 婚姻届(婚姻届には証人2人の署名押印が必要です。)
  • 独身証明書(婚姻状況確認書。ベトナムの人民委員会で取得します。その際、日本語の翻訳文をつけてもらいます。)
  • 出生証明書(ベトナムの人民委員会で取得します。その際、日本語の翻訳文をつけてもらいます。)
  • 宣誓書
  • 日本人の戸籍謄本(本籍がある市区町村役場に婚姻届を提出する場合には不要です。)
  • パスポート(ご夫婦それぞれのパスポート原本が必要です。)
  • 身分証明書(運転免許証などの提示を求められます。)

など

そして、婚姻届受理証明書を取得します

日本の市役所(区役所)に婚姻届を提出した後、ベトナム大使館(領事館)で結婚の手続きをすることになりますが、その際の必要書類のひとつとして婚姻届受理証明書が必要となります。

なお、婚姻届受理証明書は、婚姻届提出後、発行されるまでに数時間程度かかります。

2.ベトナム大使館(領事館)への結婚の届出をします

必要書類
  • 戸籍謄本(結婚したこと記載された戸籍謄本です。婚姻届を提出後、約1週間で結婚の事実が反映されます。ベトナム語の翻訳文を付けます。)
  • 婚姻届受理証明書(市町村役場に婚姻届提出後、数時間程度で発行してもらえます。ベトナム語の翻訳文を付けます。)
  • パスポート(ご夫婦それぞれのパスポート原本が必要です。)

など

なお、日本の市役所(区役所)に婚姻届を提出する際は日本人1人で手続きをすることができますが、ベトナム大使館又は領事館への結婚の届出をする際は結婚相手であるベトナム人の方と一緒に行く必要があります。

そして、ベトナム大使館(領事館)で「結婚証明書」と「それを日本語に翻訳したもの」を取得します

入国管理局で結婚ビザ(配偶者ビザ)の申請をする際に「結婚証明書」と「それを日本語に翻訳したもの」が必要です。

ベトナム大使館(領事館)では日本語の翻訳もしてもらえますので、「結婚証明書」と「それを日本語に翻訳したもの」を取得します。

なお、結婚証明書と日本語に翻訳したものが発行されるまで数時間から半日程度かかります。

結婚相手であるベトナム人の方が在留資格(在留カード)を持って日本に滞在している場合

一般的な手続きの流れ

  1. ベトナム大使館(領事館)で婚姻要件具備証明書を取得する
  2. 日本の市役所(区役所)に婚姻届を提出する
  3. ベトナム大使館(領事館)に結婚の届出をする
  4. 入国管理局に結婚ビザ(配偶者ビザ)の申請をする

1.ベトナム大使館(領事館)で婚姻要件具備証明書を取得します

日本の市役所(区役所)に婚姻届を提出する際には「婚姻要件具備証明書」と「それを日本語に翻訳したもの」が必要ですのでベトナム大使館(領事館)でこれらを取得します。

なお、婚姻要件具備証明書と日本語に翻訳したものが発行されるまで数時間から半日程度かかります。

必要書類
  • 申請書(ベトナム大使館のホームページでダウンロードすることができます。)
  • パスポート
  • 結婚登録書に自分の名前が記載されていない日本在住の市役所(区役所)から発行してもらう証明書
  • ベトナムの人民委員会から発行してもらう婚姻状況確認書の原本(独身証明書。ベトナムでの申請時に日本人側の住所とパスポートに記載の情報が必要です。)
  • 法的効力のある日本国内在住の証明書の提示(在留カード・住民票)

など

2.日本の市役所(区役所)に婚姻届を提出します

必要書類
  • 婚姻届(婚姻届には証人2人の署名押印が必要です。)
  • 婚姻要件具備証明書(ベトナム大使館(領事館)で取得したもの)
  • パスポート
  • 在留カード

など

そして、婚姻届受理証明書を取得します

日本の市役所(区役所)に婚姻届を提出した後、ベトナム大使館(領事館)で結婚の手続きをすることになりますが、その際の必要書類のひとつとして婚姻届受理証明書が必要となります。

なお、婚姻届受理証明書は、婚姻届提出後、発行されるまでに数時間程度かかります。

3.ベトナム大使館(領事館)に結婚の届出をします

必要書類
  • 申請書
  • 戸籍謄本(結婚したこと記載された戸籍謄本です。婚姻届を提出後、約1週間で結婚の事実が反映されます。ベトナム語の翻訳文を付けます。)
  • 婚姻届受理証明書(市町村役場に婚姻届提出後、数時間程度で発行してもらえます。ベトナム語の翻訳文を付けます。)
  • パスポート(ご夫婦それぞれのパスポート原本が必要です。)

など

そして、ベトナム大使館(領事館)で「結婚証明書」と「それを日本語に翻訳したもの」を取得します

入国管理局で結婚ビザ(配偶者ビザ)の申請をする際に「結婚証明書」と「それを日本語に翻訳したもの」が必要です。

ベトナム大使館(領事館)では日本語の翻訳もしてもらえますので、「結婚証明書」と「それを日本語に翻訳したもの」を取得します。

なお、結婚証明書と日本語に翻訳したものが発行されるまで数時間から半日程度かかります。

入国管理局に結婚ビザ(配偶者ビザ)の申請をします

結婚ビザ(配偶者ビザ)の条件
結婚ビザ(配偶者ビザ)を取得するためには次の3つを証明する必要があります。

  1. 婚姻手続きが完了していること
  2. 婚姻の実体があること
  3. 夫婦で生活するための生活基盤があること

1.婚姻手続きが完了していること

結婚ビザ(配偶者ビザ)を申請するためには、国際結婚の手続きが完了していることが必要ですので、このことを証明するための資料を入国管理局に提出します。

必要書類

  • 戸籍謄本
  • 結婚証明書

など

なお、法律上の夫婦関係にあることを証明することが必要のため、婚約状態である場合や内縁関係にある場合には結婚ビザ(配偶者ビザ)を取得することはできないと考えるほうがいいでしょう。

2.婚姻の実態があること

結婚ビザ(配偶者ビザ)を取得するためには、「偽装結婚ではない真実の結婚であること」が必要ですので、このことを証明するための資料を入国管理局に提出します。

必要書類

  • 質問書
  • 理由書
  • ご夫婦の写真(観光・結婚式など)
  • 手紙・メール・LINEなどの通信履歴
  • 相手の国への渡航記録

など

3.夫婦で生活するための生活基盤があること

結婚ビザ(配偶者ビザ)を取得するためには、日本で継続的にご夫婦で生活するための収入や資産があることが必要ですので、このことを証明するための資料を入国管理局に提出します。

年収については、明確に何百万円以上という決まりはありませんが、ご夫婦2人で350万円前後の収入が必要だと考えていいでしょう。

必要書類

  • 在職証明書
  • 日本人側の住民税の課税証明書と納税証明書
  • 給与明細書
  • 身元保証書
  • 上申書

など

偽装結婚であると疑われて不許可になりやすいケース

  • 夫婦の年齢差が大きい
  • スナックやキャバクラなどの水商売のお店で出会った
  • 結婚紹介所のお見合いで結婚した
  • インターネットで知り合った
  • 日本人の収入が低い
  • 日本人に外国人の方との離婚歴がある
  • 外国人の方に日本人との離婚歴がある
  • 交際期間がかなり短い
  • 交際期間を証明できる写真をほとんど撮っていない
  • 相手の両親に紹介されていない
  • 結婚式を行っていない

など