中国人との国際結婚手続きと配偶者ビザの申請(取得・変更)の申請をお考えなら…

結婚ビザ

日本で先に結婚の手続きする場合(中国人との国際結婚)

結婚相手である中国人の方が何らかのビザを持って日本にいる場合には、日本で先に結婚の手続きをすることができます。

例えば…
  • 就労ビザ→結婚(配偶者)ビザ
  • 留学ビザ→結婚(配偶者)ビザ

などの場合には、日本で先に結婚の手続きをすることができます。

なお、日本で先に結婚の手続きした場合は、中国でも有効な結婚と認められ、中国で婚姻登記を行う必要がありませんが、中国人の方の戸籍簿(居民戸口簿)の婚姻状況の欄を「既婚」に変更する必要があります。

これをしなければ、中国では未婚のままになってしまいますので、日本の市区町村役場で「婚姻受理証明書」を取得して、日本外務省と中国大使館で認証してもらって、中国語の翻訳文を添付して、中国人配偶者の戸籍所在地の役所に提出します。

結婚手続きに必要な書類(日本で先に結婚の手続きする場合)

日本人が準備するもの

  • 婚姻届
  • 戸籍謄本

中国人の方が準備するもの

  • 婚姻要件具備証明書(駐日中国大使館発行のもの)
  • パスポート

中国人の方が離婚または死別している場合

  • 中国で結婚したことがあり、離婚または死別している場合には、離婚の場合は「離婚公証書」または「離婚調停証」、死亡の場合は「死亡公証書」
  • 日本で結婚したことがあり、離婚または死別している場合には、離婚の場合は「婚姻届受理証明書」、死亡の場合は「死亡届受理証明書」

結婚ビザ(配偶者ビザ)の取得手続き(結婚相手の方がすでに就労ビザなどを持って日本に住んでいる場合)

結婚相手の方がすでに何らかのビザを持って日本に住んでいる場合は「在留資格変更許可申請」を行います。

なお、在留資格変更許可申請の審査に1か月くらいかかります。

中国で先に結婚手続きする場合(中国人との国際結婚)

結婚相手の方が中国にいる場合には、先に中国で結婚手続きをした後に日本で結婚手続きをすることになります。

中国での結婚手続きは、ご夫婦2人で一緒に必要書類をもって、中国人の方の戸籍所在地の婚姻登記処に行って登記手続きをして「結婚証」(赤い表紙の手帳くらいの大きさで、夫婦が写っている顔写真が貼ってあります)を受け取ります。

中国で先に結婚手続きをする場合には、この結婚証を取得したときに正式に結婚したことになります。

結婚手続きに必要な書類(中国で先に結婚の手続きする場合)

日本人が準備するもの

  • 婚姻要件具備証明書
  • パスポート
上記必要書類については、婚姻登記処によって異なることがありますので、事前に確認しておくといいでしょう。

婚姻要件具備証明書
  1. まず、日本の法務局で「婚姻要件具備証明書(独身証明書)」を取得します。
  2. そして、この婚姻要件具備証明書に、日本の外務省の認証と日本にある中国大使館で認証をしてもらいます。

なお、婚姻要件具備証明書は中国語の翻訳が必要です。

当事務所(行政書士・大阪)では、結婚ビザ(配偶者ビザ)の申請だけでなく、婚姻要件具備証明書の外務省の認証の代行もしておりますのでお気軽にお問い合わせください。

中国人の方が準備するもの

  • 居民戸口簿
  • 居民身分証
  • パスポート
上記必要書類については、婚姻登記処によって異なることがありますので、事前に確認しておくといいでしょう。

日本人が帰国した後に市区町村役場に婚姻届を提出する際に必要な書類

日本人の方が単独で帰国して、婚姻成立の日から3か月以内に市区町村役場に婚姻届を提出します。

  • 婚姻届(日本人の方が1人で書いても大丈夫です)
  • 結婚公証書
  • 出生公証書
  • 離婚公証書(中国人の方が離婚経験がある場合に必要です)
  • 死亡公証書(中国人の方が配偶者が死別している場合に必要です)

なお、結婚公証書などは日本語の翻訳が必要です。

結婚ビザ(配偶者ビザ)の取得手続き(結婚相手の方が中国に住んでいる場合)

  1. 結婚相手の方が中国に住んでいる場合は「在留資格認定証明書交付申請」を行います。
    なお、在留資格認定証明書交付申請の審査に1か月から3か月くらいかかります。
  2. 入国管理局から発行された在留資格認定証明書を中国に住んでいる結婚相手の方へ送ります。
  3. 中国に住んでいる結婚相手の外国人の方が居住地の日本大使館(領事館)で査証申請(ビザ申請)をします。
    なお、在留資格認定証明書は、交付後3か月以内に日本に入国しなければ失効しますので注意が必要です。

つまり、結婚相手の方が中国に住んでいる場合には、日本で在留資格認定証明書交付申請をしてからご夫婦が一緒に暮らせるようになるまで2か月から4か月くらいかかります。

結婚ビザ(配偶者ビザ)を取得するための3つの条件

国際結婚なさったご夫婦が日本で一緒に暮らすためには結婚ビザ(配偶者ビザ)が必要となります。

結婚ビザ(配偶者ビザ)の条件
  • 婚姻手続きが完了していること
  • 婚姻の実体があること
  • 夫婦で生活するための生活基盤があること

1.婚姻手続きが完了していること

結婚ビザ(配偶者ビザ)を申請するためには、国際結婚の手続きが完了していることが必要です。

法律上の夫婦関係にあることを証明することが必要のため、婚約状態である場合や内縁関係にある場合には結婚ビザ(配偶者ビザ)を取得することはできないと考えるほうがいいでしょう。

なお、内縁関係にある場合には、結婚ビザ(配偶者ビザ)以外のビザを取得できる可能性を探ることになります。

2.婚姻の実態があること

婚姻の実態があることとは、簡単にいうと、「偽装結婚ではない真実の結婚である」ということです。

つまり、結婚ビザ(配偶者ビザ)を取得するためには、当然ながら、その結婚が真実であることが必要です。

3.夫婦で生活するための生活基盤があること

結婚ビザ(配偶者ビザ)を取得するためには、日本で継続的にご夫婦で生活するための収入や資産があることが必要です。

年収については、明確に何百万円以上という決まりはありませんが、ご夫婦2人で350万円前後の収入が必要だと考えていいでしょう。

所得証明書、給与明細書のコピーや源泉徴収票などを入国管理局に提出しますので、例えば、ご夫婦ともに無職の場合や収入が極端に低い場合には不許可になりやすいと言えるでしょう。

結婚ビザ(配偶者ビザ)の申請手続きで必要となる書類

婚姻手続きが完了していること

  • 戸籍謄本
  • 結婚公証書又は結婚証のコピー
  • など

婚姻の実態があること

  • 質問書
  • ご夫婦の写真
  • 手紙・メール・LINEなどの通信履歴
  • 相手の国への渡航記録
  • など

夫婦で生活するための生活基盤があること

  • 在職証明書
  • 日本人側の住民税の課税証明書と納税証明書
  • 給与明細書
  • 身元保証書

この他にも、交際経緯、結婚に至る経緯、これからの生活予定などについて説明する理由書と資料を提出する場合があります。

結婚ビザ(配偶者ビザ)の申請が不許可になる事例

結婚ビザ(配偶者ビザ)の申請が不許可になる事例

  • 偽装結婚であると疑われる要素がある
  • 同居をしていない(同居する意思がない)
  • 申請書に事実と異なる記載をしている
  • 事実を証明する書類を準備することができない
  • 安定した生活ができる収入や貯金がない
  • 日本人または結婚相手の外国人の方に犯罪歴がある
  • など

結婚ビザ(配偶者ビザ)の申請が不許可になりやすい事例

  • 夫婦の年齢差が大きい
  • スナックやキャバクラなどの水商売のお店で出会った
  • 結婚紹介所のお見合いで結婚した
  • 出会い系サイトで知り合った
  • 日本人の収入が低い
  • 日本人に外国人の方との離婚歴がある
  • 中国人の方に日本人との離婚歴がある
  • 交際期間がかなり短い
  • 交際期間を証明できる写真をほとんど撮っていない
  • 結婚式を行っていない