国際結婚したら結婚相手の苗字や戸籍どうなる?子供が生まれたら…?

国際結婚したら苗字はどうなる?

国際結婚の場合には、原則として、結婚後も夫婦の苗字は別々になります

日本人同士が結婚した場合は夫婦は同じ苗字を使うことになります。

同じ戸籍には同じ苗字の人しか入れませんので、結婚して入籍するということは、夫婦が同じ苗字になることを意味します。

なお、現在のところ、夫婦別姓は認められていません。

外国人の方は、戸籍がありませんので、日本人は、女性の場合でも、原則として結婚前の苗字をそのまま使い続けることになります。

つまり、原則として、国際結婚の場合には、結婚後も夫婦の苗字は別々のままということです。

結婚後、日本人の方が外国人の苗字に変える方法

結婚後6ヶ月以内に、市区町村役場に「外国人配偶者の氏への氏変更届」を提出することによって、結婚相手である外国人の方の苗字に変わります。

つまり、この届出によって日本人の方の戸籍の苗字が変わるということです。

なお、子供が生まれた場合には子供も親と同じ苗字になります。

注意
もし離婚した場合でも元の苗字に戻りませんので、元の苗字に戻したい場合には、離婚から3ヶ月以内に氏の変更届を提出しなければいけません。

結婚後、外国人の方が日本人の苗字に変える方法

外国人の方が日本人の苗字に変えたい場合は、市区町村役場に「通称名記載申出書」を提出することができます。

なお、これはあくまでも通称名としてですので本名は変わりません。

国際結婚したら戸籍はどうなる?

結婚相手である外国人の方は日本人の戸籍には入りませんが、日本人の戸籍謄本の身分事項欄に結婚相手である外国人の方の氏名や国籍が記載されます

日本人の場合、結婚前は両親(一般的に父親)の戸籍に入っていますが、結婚すると新しい戸籍(一般的に夫の戸籍)ができて、(一般的に)妻がその戸籍に入ります。

国際結婚の場合には、結婚すると、その日本人は両親の戸籍から抜けて、その日本人1人の戸籍ができます。

結婚相手である外国人の方はその戸籍には入りませんが、戸籍謄本の身分事項欄に結婚相手である外国人の方の氏名や国籍が記載されますので婚姻していることがわかります。

なお、外国人の方は、戸籍がありませんので、結婚後も戸籍謄本はありませんが、住民票は外国人の方にもありますので、日本人と同じように市区町村役場で住民票を取得することができます。

結婚後に子供が生まれた場合はどうなる?

子供は、日本人の親の戸籍に入り、苗字も日本人の親と同じ苗字になります。

国際結婚をしたご夫婦の間に子供が生まれた場合には14日以内に市区町村役場へ「出生届」を提出します。

なお、子供は日本人の親の戸籍に入り、苗字も日本人の親と同じ苗字になります。

MEMO
子供の国籍は、日本人の親の戸籍に入れば日本の国籍になりますが、さらに外国人の親の国籍も取得しておきたい場合は、大使館又は領事館に出生届等を提出して、外国人の親の子供として登録しておきます。

こうしておくと、子供はパスポートを2つ持てるようになりますが、日本では二重国籍を認めていませんので、22歳になるまでにどちらかの国籍を選択しなければなりません。