訪問介護のサービス提供記録の書き方

サービス提供記録とは…

1.訪問介護のサービス内容や介護報酬の請求が適正であることを証明する資料です

訪問介護の事業所は、訪問介護サービスを提供した場合には、具体的なサービスの内容を記録するとともに、ご利用者さんやご家族の方から申し出があった場合には文書の交付やその他適切な方法によって、サービスの内容をご利用者さんやご家族の方に対して提供する必要があります。

また、サービス提供記録とは、介護保険の対象となる適正なサービスを提供したことを証明する書類であり、介護報酬を請求する際の根拠となる非常に重要な書類のひとつとなります。

注意
サービス提供記録に記載漏れなどの不備があり、適正なサービスを提供したことが確認できない場合には、介護報酬の返還の対象になる場合があります。
また、不正な記録と認められた場合には行政処分の対象となる場合があります。

2.ご利用者さんに対するサービスの質の向上につながる資料です

提供しているサービスがご利用者さんの課題解決につながっているかなどをサービス提供責任者が把握して情報を共有できるような記録とすることによって、ご利用者さんに対するサービスの質の向上につながります。

サービス提供責任者は、各訪問介護員に対してサービス提供記録の重要性について周知徹底を図るとともに、訪問介護員が適正にサービス提供記録を作成していることを確認することが必要です。

サービス提供記録に記載すべき事項

サービス提供記録は事業所ごとの様式で作成してかまいませんが、適正なサービスを提供したことが確認できるように以下の事項を記載することが必要です。

サービス提供記録の記載事項
  • 利用者氏名及び訪問介護員氏名
  • 訪問介護のサービス提供日及び提供時間
  • 身体介護・生活援助・通院等乗降介助の別
  • 提供した具体的な身体介護サービス及び生活援助サービスの内容
  • 利用者の心身の状況

より良いサービス提供記録とするために…

サービス提供記録は、ご利用者さんに対するサービスの質の向上につながる資料のひとつとなりますので、訪問した日の体調、その日の出来事やご利用者さんと話した内容など、訪問した日のことを細かく記載しておきましょう。

ご利用者さんの確認の押印

ご利用者さんの確認印の欄を設けたサービス提供記録の様式を使用している場合は、必ずご利用者さんから確認の押印をいただくべきですし、サービス提供記録には必ずご利用者さんの押印をいただく必要があると考えておくべきだと思われます。

なお、ご利用者さんの確認の押印は、サービス提供の都度にいただくものであり、後日にまとめて確認の押印をしていただくことは適切ではありません。

サービス提供記録の保管期間

サービス提供記録は5年間保管する必要がある自治体が多いようです。