訪問介護の常勤換算の計算方法を具体例を挙げてご説明いたします

MEMO
訪問介護を開業するためには、訪問介護員の人員要件として常勤換算で2.5人以上という基準をクリアする必要があります。

これは、簡単にいうと、「訪問介護の事業所の営業日には常勤換算で平均して2.5人以上の訪問介護員(サービス提供責任者を含む)が勤務する必要がある」ということです。

なお、この常勤換算2.5人にはサービス提供責任者の人数を加算することができますので、実質的には、サービス提供責任者以外の訪問介護員が常勤換算で1.5人勤務すればいいと考えていいでしょう。

具体的に訪問介護の常勤換算の計算をしてみましょう

常勤の場合(例えば、サービス提供責任者の場合)の計算方法

例えば、訪問介護ケアパートナー(仮名)では、常勤(例えば、サービス提供責任者Aさん)の労働時間は1日8時間・週5日勤務の合計週40時間となっています。

これ(1日8時間・週5日勤務の合計週40時間)が訪問介護ケアパートナー(仮名)の常勤の労働時間です。

これを常勤換算方法でいうと常勤1.0といいます。

つまり、これが「常勤1人分」ということですよね。

サービス提供責任者など、常勤の場合には簡単です。

非常勤の場合(例えば、登録ヘルパーの場合)の計算方法

例えば、訪問介護ケアパートナー(仮名)では、登録ヘルパーとして、Bさん、Cさん、Dさん、Eさんに働いていただいています。

勤務時間は、勤務時間はシフトによってバラバラですが、1週間で見ると次のようになっています。

Bさん:週25時間
Cさん:週20時間
Dさん:週15時間
Eさん:週10時間

1.非常勤(登録ヘルパー)の労働時間を合計します

上記BさんからEさんの労働時間の合計は70時間となります。

2.合計した労働時間を常勤の労働時間で割ります

上記の労働時間の合計(週70時間)を常勤の労働時間(週40時間)で割ります。

計算式 70時間÷40時間=1.75

小数点第2位以下を切り捨てますので、この場合は常勤1.7ということになります。

事業所全体の常勤換算をすると…

上記では、あえて常勤と非常勤をわけて計算していますが、実際には事業所全体の労働時間を合計して常勤換算の計算をします。

Aさん:週40時間(サービス提供責任者)
Bさん:週25時間(登録ヘルパー)
Cさん:週20時間(登録ヘルパー)
Dさん:週15時間(登録ヘルパー)
Eさん:週10時間(登録ヘルパー)

常勤換算の計算

1.労働時間を合計すると110時間になります。
2.労働時間合計110時間を常勤の労働時間40時間で割ると2.75(2.7)になります。

つまり、常勤換算とは「労働時間の合計は常勤何人分になりますか?」ということなんです。

こう考えると、常勤換算の計算方法はそれほど難しくないんですよね。

[おまけ]常勤が1日7時間・週5日の場合

例えば、常勤の労働時間が1日7時間・週5日勤務の合計週35時間の訪問介護の事業所の場合で常勤換算の計算をしてみます。

Aさん:週35時間(サービス提供責任者)
Bさん:週20時間(登録ヘルパー)
Cさん:週15時間(登録ヘルパー)
Dさん:週10時間(登録ヘルパー)
Eさん:週10時間(登録ヘルパー)

常勤換算の計算

1.事業所全体の労働時間を合計すると90時間になります。
2.労働時間合計90時間を常勤の労働時間35時間で割ると2.57(2.5)になります。

「事業所全体の労働時間(90時間)を常勤の労働時間(35時間)で割る」という基本的な計算方法さえわかっていれば常勤換算の計算方法は簡単です。

[まとめ]常勤換算のことを考えると常勤の労働時間は短くしておくほうがいい(かもしれません)

訪問介護の事業所は、開業当初で訪問介護のお仕事が少ない時期でも訪問介護員の人員要件として常勤換算で2.5人以上という基準をクリアする必要があります。

つまり、これは「お仕事がないにもかかわらず、常勤換算2.5人をクリアするために訪問介護員に対するお給料を支払う必要がある」ということを意味します。

常勤の労働時間「週40時間(1日8時間・週5日)」の場合には、常勤換算2.5人をクリアするためには、サービス提供責任者の労働時間を合わせて、週100時間、4週間で400時間の労働時間を確保する必要があります。

ちなみに、常勤の労働時間「週35時間(1日7時間・週5日)」の場合には、常勤換算2.5人をクリアするためには、サービス提供責任者の労働時間を合わせて、週87.5時間、4週間で350時間の労働時間になります。

あくまでも、ひとつの考え方としてですが、訪問介護を開業したばかりの時期を考えると、常勤の労働時間(事業所の営業時間)は短くしておくほうがいい(かもしれません)。


この記事を書いたのは…

行政書士事務所/社会保険労務士事務所 ビジョン&パートナーズ
大阪市中央区備後町1丁目4番16号
備一ビル501号室
代表 高瀬満成(行政書士.社会保険労務士)

大阪で訪問介護やデイサービスなどの開業支援や経営支援をしている行政書士.社会保険労務士であり、大阪市にある訪問介護の事業所の役員もしています。

訪問介護やデイサービスなどの開業や経営についてお困りのことがありましたらぜひお問い合わせください。

関連ページ